大地のエネルギーと
美しさを基に醸す本格芋焼酎

質の高い焼酎を世に送り続ける京屋酒造。「京屋の焼酎は二日酔いしない」なんてお話も聞いたことがあります。その真意の程は置いといても、透き通った旨みと香り良さは皆さんご存知の通り。

今回ご紹介致します【空と風と大地と】は、甘藷(宮崎紅芋)使用、酒米山田錦を米麹とし、大甕でゆったりと発酵させました。「土と共に生きる」京屋酒造だからこそ仕上がるこの円やかな味わいに潔いキレの良さに惚れ惚れします。ロックや水割りでどうぞお召上がり下さい。

空と風と大地と 720ml

商品番号:20459

(税込)


購入制限:なし

配送方法:常温便可能


原材料甘藷(宮崎紅芋)、米麹(九州産山田錦)
使用麹白麹
度数25度

【蔵元紹介】京屋きょうや酒造(甕雫)宮城県

京屋酒造/宮城県
京屋酒造の酒蔵

創業は天保五年(1834年)と言い伝えられ、伝統・伝承を重んじながら焼酎を造っています。

焼酎造りとは、自然の恵みを自然の力で人々の生活に活力与えるものを造ることと考え、原料にこだわり、大甕にて少量ずつ丹精込めて焼酎を造っています。甕の持つ特性と1甕約800リットルという現代では非常に少量の仕込み方法が、外部より強制的に熱を加えない、奪わない自然な醗酵を可能としています。また、醸造には全て天然水を用いて醸造。高さ30m以上の飫肥杉(おびすぎ)が 茂る山の中、まるで緑の洞窟のような森の奥からこんこんと湧き出る水を、自然に感謝しながら少しづつ採取して仕込み水に使用しています。

伝統・伝承を重んじながら
新しい味を探求しています

京屋酒造は、伝統・伝承を重んじながらも新しい味に挑戦していく勇気と情熱を大切にし、歴史に甘んじることなく、新しい味を探求しています。

京屋酒造の酒蔵

READ MORE (もっと見る)