上品な旨みにピリッとキレる
愛され続ける食中酒

「山和」で名を馳せた山和酒造店ですが、山和よりも古く「わしが國」という銘柄の日本酒を醸してきました。地元の宮城県で長く愛されてきたわしが國から、今回は朝日米を用いた純米大吟醸のご紹介です。「朝日米」は100年も昔、1922年に誕生したといわれていますが、いまだ現役として私たちの食卓を彩ってくれています。そして近年では酒米としてのポテンシャルの高さに改めてスポットが当たり始めています。

メロンのような甘味を含んだ瑞々しい上立ち香に、穏やかでありつつもレベルの高い朝日米特有の上質な旨みが舌にじーんと染みていきます。透き通った米の旨みや甘味を堪能した後には、アクセントになるピリっとした辛みがキレの良さとしての演出を果たし、スッキリとした印象に。一口飲んだだけで、様々な料理を引き立てるようバランス良く設計されていることがよくわかります。「山和」が幅広く受け入れられるようにこの「わしが國」も日本中の食卓で愛されること間違いなしでしょう。

わしが國 純米大吟醸 朝日 1.8L

商品番号:12661

¥2,800 +税


購入制限:なし

配送方法:常温便可能


使用米朝日
磨き50%
特定名称酒など純米大吟醸/火入れ酒
度数15度
くわしい味わい: わしが國 純米大吟醸 朝日 1.8L
・朝日使用、磨き50%
・透き通った米の旨みにアクセントになるピリっとした辛み
・広く愛される万能食中酒

【蔵元紹介】山和やまわ・わしがくに(山和酒造)宮城県

山和(山和酒造)宮城県
山和酒造の酒蔵

創業は1896年(明治29年)で、代表銘柄は特約店限定の”山和”シリーズです。蔵元が蔵を構えているのは宮城県の北西部で、山形県に隣接する加美町。ここは古くから山形県や秋田県に通じる要衝の地でもあります。また、石巻湾にも通じる鴨瀬川が流れており商業都市として発展してきました。そんな加美町で将来を期待される「山和」を醸しているのが、株式会社山和酒造店です。

二杯目、三杯目に更に楽しんでもらえる
こだわりの食中酒

山和酒造店は明治29年、この加美で薬屋さんを営んでいた伊藤 和平衛氏が創業し、現在では7代目蔵元の伊藤 大祐氏がおいしいお酒を造っておられます。古くから周囲は穀物地帯であったために米も豊富に収穫でき、栗駒山系の伏流水の水質も良かったために、かつては多くの酒蔵があった歴史があります。山和酒造店も古くは「わしが國」という銘柄の日本酒を造り、地元の宮城県で販売していました。昭和40年代ころには宮城県で1〜2位を争う製造を行っていたそうです。しかし、現在では量より質を重視した酒造りに舵を切ったために年間生産量が減少しました。そして7代目を継いだ伊藤 大祐氏が大学を卒業後に蔵に戻ってこられたときは、麹の管理が雑で、作業を楽に済ませたいという雰囲気が蔓延していたそうです。そこで、米洗いから搾りまで極力手作業に戻し、かつ、純米酒だけの酒造りに挑みます。そうして、04年に売り出したのが、「山和」シリーズという地酒の専門店のみに卸す限定商品です。

READ MORE (もっと見る)