実に軽快
実にフルーティー
実に「よこやま」らしいひやおろし

長崎県壱岐の島において唯一存在している日本酒蔵。「壱岐焼酎」が盛んに行われているこの島で日本酒を造りたいという思いから2018年より壱岐の島での製造が始まりました。
飲み口は非常に軽快で、優しい飲み口。リンゴのような果実感が広がり、きめ細やかな果実様の酸がスッキリとした余韻を演出します。ひと夏の熟成によりジューシーさが増し、よこやまらしい鮮やかでビビッドな味わいが感じられます。爽やかな秋の味覚。芳醇でフルーティーな旨みをご堪能下さい。

よこやま 純米吟醸 SILVER ひやおろし 1.8L

商品番号:12357

¥2,980 +税


購入制限:なし

配送方法:常温便発送


使用米山田錦
磨き55%
特定名称酒など純米吟醸/火入れ酒
度数16度
くわしい味わい: よこやま 純米吟醸 SILVER ひやおろし 1.8L

【蔵元紹介】横山五十 よこやまごじゅう(重家酒造)長崎県

横山五十(重家酒造)長崎県
重家酒造の酒蔵

重家酒造は壱岐の島において、伝統の壱岐焼酎を造る老舗酒蔵。
元々は壱岐の島でも日本酒造りが行われていたそうですが、
高齢化の波や、人手不足などから
今では壱岐の島で日本酒を造る酒蔵はありません。
しかし、重家酒造の四代目にあたる横山雄三さん、
そして弟の太三さん兄弟が日本酒造りに対する思いから、
日本酒造りを復活させようと考えました。
そして重家酒造とゆかりのあった澄川酒造場の蔵の一部を借り、
太三さん自らが杜氏となって日本酒造りを始めるのでした。
生産石高はまだまだ少量ですが、
その確実な味わいから口コミで評判となり、
今年でもう五年目となります。

壱岐の島の思いは全国へと

2014年には、九州S1グランプリ(=九州産の酒コンテスト)において、
「横山五十BLACK」が準優勝を果たすなど、
日本酒造りを初めて早々大きな大会での受賞。
ミラノでもレセプションパーティーで
「横山五十WHITE」が出品されるなど、
国内外問わず評価を受ける、非常に綺麗な酒造りをしておられます。

重家酒造の酒蔵

READ MORE (もっと見る)