雫が垂れるその瞬間を切り取る。
ひと時の旨さがここにある。

京屋酒造の焼酎は非常に珍しい一甕八百リットルという大甕で仕込まれます。甕で仕込まれた焼酎はよりまろやかになり、旨みが増します。その大甕で三年間貯蔵され、地元宮崎厳選の原材料で醸されたのが「雫ル」です。

薩摩芋には甘みの強い「宮崎紅芋」を用いることによってよりまろやかさを増します。口に含む度に新たな味わい、旨みが発見できるかもしれません。

また、ボトルの形状は今にも零れ出しそうな「雫」を表現。プルンと動き出しそうな見た目は愛らしさと躍動感に満ちています。口を大きく取ることによって、飲みほしたあとも入れ物と十分にご使用頂けます。

雫ル 芋焼酎 750ml

商品番号:20641

+税


購入制限:なし

配送方法:常温便可能

セット内容:
●雫ル 芋焼酎 750ml
●柄杓 ×1
●専用化粧箱 ×1


原材料甘藷(宮崎紅芋)/米麹(宮崎産はなかぐら)
使用麹白麹
度数20度

サイズ一覧

【蔵元紹介】京屋きょうや酒造(甕雫)宮城県

京屋酒造/宮城県
京屋酒造の酒蔵

創業は天保五年(1834年)と言い伝えられ、伝統・伝承を重んじながら焼酎を造っています。

焼酎造りとは、自然の恵みを自然の力で人々の生活に活力与えるものを造ることと考え、原料にこだわり、大甕にて少量ずつ丹精込めて焼酎を造っています。甕の持つ特性と1甕約800リットルという現代では非常に少量の仕込み方法が、外部より強制的に熱を加えない、奪わない自然な醗酵を可能としています。また、醸造には全て天然水を用いて醸造。高さ30m以上の飫肥杉(おびすぎ)が 茂る山の中、まるで緑の洞窟のような森の奥からこんこんと湧き出る水を、自然に感謝しながら少しづつ採取して仕込み水に使用しています。

伝統・伝承を重んじながら
新しい味を探求しています

京屋酒造は、伝統・伝承を重んじながらも新しい味に挑戦していく勇気と情熱を大切にし、歴史に甘んじることなく、新しい味を探求しています。

京屋酒造の酒蔵

READ MORE (もっと見る)