フレッシュさと甘さ
それは「旨さ」の化学反応

陸奥八仙の大人気酒「おりがらみ」。このお酒を呑んで先ず初めに感じる味わいは甘み!それも新鮮なフレッシュさを兼ねたフレッシュな甘みです。

もぎたての果実をそのまま丸かじりしたようなフレッシュな甘み。その中には白ワインにも通ずるような、爽快な酸を持ち、更なる旨みの飛躍。この濃厚でキレも良い旨みは、是非水炊きなどと合わせたいですね。今からでも、熱々の鍋を目の前に鶏肉を頬張りながら、陸奥八仙を飲んで唸る自分の姿が想像できます!文句なしにおススメです!

陸奥八仙 ヌーボ 特別純米生原酒 おりがらみ 1.8L

商品番号:11830

¥3,000 +税


購入制限:なし

配送方法:夏季はクール便を推奨します。
商品到着後は冷蔵庫にて保管してください。


使用米華吹雪
磨き55%/60%
特定名称酒など特別純米/生酒
度数16度
くわしい味わい: 陸奥八仙 ヌーボ 特別純米生原酒 おりがらみ 1.8L
・まっしぐら使用、磨き55%/60%
・フレッシュさと甘さ、旨さの化学反応
・大人気のおりがらみ、白ワインのような爽快な酸

【蔵元紹介】陸奥八仙 むつはっせん(八戸酒造)青森県

陸奥八仙(八戸酒造)青森県
八戸酒造の酒蔵

南部杜氏伝承の技と独自の手法、ていねいに磨きあげた陸奥の厳選地米(青森県特産米「華吹雪・華想い」)戸大地の石灰岩層の地中深くから湧き出る清冽な水、【蟹沢伏流水】を用い、凍てつく自然環境の中、蔵人たちが精魂込めて手造りした逸品です。特に駒井秀介氏が手がけた「中汲みシリーズ」は、果実を想わせる吟醸香だけでなく、しっかりとした味、香り、味わいを支える酸が、キレ味を演出してくれます。

南部杜氏の気骨と技の妙の結晶

「陸奥八仙(むつはっせん)」は青森県八戸市にあるレンガ造りの酒蔵、創業以来、約230年の歴史がある、八戸酒造(はちのへしゅぞう)が創業銘柄『陸奥男山』に変わって、主軸銘柄として10年前に立ち上げた製造量200石ほどの新ブランドです。

青森の造り酒屋として青森にこだわった酒造りをめざし、八戸酒造に親子三代に渡って酒造りに関わる、キャリア10年、30代の、伊藤賢一杜氏(36歳・南部杜氏)と蔵人4人とご子息の駒井秀介氏が手掛けています。

八戸酒造の酒蔵

READ MORE (もっと見る)