尾鈴山の山奥で醸される
優しい芋焼酎

黒木本店の別蔵「尾鈴山蒸留所」。宮崎県尾鈴山の山奥に蔵を構えます。この位置にこだわった理由の一番は、超軟水の美しい尾鈴山の伏流水を求めて。その水のおかげで、尾鈴山で造られた焼酎はとても優しく、らかな酒質を持っています。
山ねこの原料はジョイホワイト(芋)を使用し、木樽仕込、二年以上の熟成という非常に手間暇かけて造られています。栗のような甘さに、フルーツの果実味なども感じられます。適度に熟成にコクがありますが、後味はドライでキレもあります。欠点がまるで見当たらない、まろやかでクリアな芋焼酎です。

山ねこ 720ml

商品番号:20024

¥1,219 +税


購入制限:なし

配送方法:常温便可能


原材料甘藷
使用麹米麹
度数20度、25度
くわしい味わい: 山ねこ 720ml

【蔵元紹介】尾鈴山蒸留所おすずやまじょうりゅうじょ/宮崎県

尾鈴山蒸留所/宮崎県
尾鈴山蒸留所の酒蔵

【尾鈴山蒸留所とは?】
明治18年に創業した黒木本店の別蔵が「尾鈴山蒸留所」です。
1998年に宮崎県高鍋町の山深くに建てられ、自然の風景と調和した美しい蒸留所です。

この場所が選ばれた理由

尾鈴山蒸留所は人里離れた山奥に位置します。
より良い焼酎造りの環境を求めて辿り着いた場所がこの土地だったのです。
尾鈴山から流れ出る水は超軟水。
透き通ったその水は、優しく喉を潤し、身体中に沁みわたります。
水源の近くの水を使用し、より上質な酒造りが行われます。

【徹底した焼酎造りの環境】
尾鈴山蒸留所ではほとんどの作業が手作業で行われます。
麹、酵母、と微生物が醗酵する上で最適の環境を作りあげるために
建物は人が動く空間と微生物が醗酵する空間の二つに分かれています。 焼酎造りの根幹となる微生物の働きを最大限に生かす取り組みです。
その為に麹、酵母などの仕込は全て木桶が使用されています。

【尾鈴山蒸留所の焼酎】
徹底した管理と、自然の恵みを活かした焼酎はまろやかでコクの深い味わい。
尾鈴山の美しい大地が目に浮かぶような洗練された焼酎です。

READ MORE (もっと見る)

v