米焼酎の最高峰
完熟したフルーツのような
香りをもつ純米蒸留酒

酒造好適米の五百万石を用いて、400年の歴史ある技で仕上げました。ソフトな味わいで切れ味も上品です。

社長兼杜氏の「鳥飼和信氏」の名字を銘柄にし、知人とともにデザインしたこのモノトーン調のラベル。フランス料理/イタリア料理/中華/和食と料理を引き立たせるため、味もデザインも『自己主張しない』よう、設計したとのこと。「箸休めに、そしてワインなどのお酒の合間に一杯飲んでもらえれば、それでよい」との社長のポリシーが十分に伝わる逸品。独特の吟醸香は清酒の吟醸酒と間違えるほどの出来です!

店長のコメント
※※蔵元推奨の美味しい飲み方※※ 「鳥飼」の生命は華やかな香りにあります。 香りを楽しんで頂くため、必ず水はミネラルウォーター・氷はカチ割りにこだわっていただきたいと思います。カルキ臭のする水道水や、冷蔵庫の臭いのついた氷を使うと「鳥飼」の香味を著しく損ないます。

【ストレート】冷やして
【ロック】ロックグラスに大きめの氷を入れ、氷の上から「鳥飼」を半分まで注ぎます。決して氷がブカブカ浮かないように♪
【クラッシュアイス】大粒のクラッシュアイスをグラスに入れアイスより少なめに、静かに注ぎます。
【水割り】グラスに氷を入れ、3分の1強まで「鳥飼」を注ぎグラスの9割までミネラルウォーターを追加します。ほぼ3対7の水割りとなります。薄めても香味のバランスが崩れることはありません。お好みの薄さでどうぞ♪

吟香 鳥飼 720ml

商品番号:20035

+税


購入制限:なし

配送方法:常温便可能


原材料
使用麹米麹
度数25度
くわしい味わい: 吟香 鳥飼 720ml

【蔵元紹介】鳥飼とりかい酒造(吟香 鳥飼)熊本県

鳥飼酒造/熊本県
鳥飼酒造の酒蔵

清流球磨川と古都の町、人吉市の古いたたずまいが残る一角に鳥飼酒造場はあります。人吉・球磨地方は、江戸時代から米焼酎が造られており、日本初となる「球磨焼酎」と産地呼称が認められた、米焼酎の産地として知られています。現在も数多くの米焼酎が作られていますが、鳥飼酒造場は一際異彩を放つ、新世代の米焼酎「鳥飼」を製造しています。焼酎でありながら、吟醸酒のように華やかな香りを持つ世界でも認められたワールドクラスの米焼酎です。

華やかな吟醸香
米焼酎の最高峰

鳥飼酒造の酒蔵

【鳥飼酒造のこだわり】
「清酒で実現していた吟醸香を米焼酎でも実現したい!」との思いを実現するため、「香り」の研究に長い年月を費やしました。これまで焼酎つくりにはノウハウのなかった新しい技術の革新のため、微生物、醗酵学を何年も掛けて研究し、大学や研究機関、清酒業界の杜氏さんを訪ね歩き15年もの歳月をかけ、イメージしていた「吟香」にたどり着くことができました。

結果、世界中の銘酒を集めた「モンドセレクション国際食品コンクール96’」においてグランドゴールドメダルを受賞し、いまや焼酎好きなら誰もがしる銘酒として、高い人気を誇っています。

鳥飼酒造の酒蔵

READ MORE (もっと見る)