天喜てんき(麻原酒造)埼玉県


麻原酒造の酒蔵

埼玉県を代表する銘柄の一つとして古くから親しまれている「琵琶のさゝ浪(びわのささなみ)」「武蔵野」。初代蔵元麻原善次郎はなんと9歳の頃に酒蔵に奉公に入ります。多くの経験をした善次郎は29歳の時、現在の埼玉県入間郡越生町で開業します。麻原酒造では正統派のお酒から、様々な趣向を凝らした面白いお酒まで色々なお酒を醸しています。

名酒「琵琶のさゝ浪」の系譜を継ぐ、
旨さ抜群の「天喜」

    代表銘柄「琵琶のさゝ浪」を語る上で必ずと言っていいほど話題に上るのがそのコストパフォーマンスの高さ。スペック、味わいからは想像もつかないほどの価格。これについてはやはり蔵元さん自身も自信を持っておられるようです。そしてその「琵琶のさゝ浪」のコストパフォーマンスに負けず劣らずの新銘柄が「天喜(てんき)」。「天喜」は天気が晴れでも雨でも喜んでもらいたいと思いから命名されました。その名前通りとっても大らかな味わい。酸や苦みが抑えられ、米の甘さが引き立っています。ベタつくような甘さではなく、綺麗な甘さを持っています。

麻原酒造の酒蔵

READ MORE (もっと見る)