ジャパニーズウイスキー


ウイスキー

世界には「5大ウイスキー」と呼ばれるウイスキーの主要な生産地が存在します。アイルランド、スコットランド、アメリカ、カナダ、そしてここ日本で製造される、「ジャパニ−ズウイスキー」です。その起こりはニッカの創始者であり、ウイスキーの名前にもなっている竹鶴政孝氏がスコットランドを訪れた際、スコッチウイスキーに感銘を受け、その製法を日本に持ち込んだことが始まりです。ジャパニ−ズウイスキーはスコッチウイスキー(スコットランドのウイスキー)を見本に、日本人に合わせた独自の進化を遂げていきます。

独自の進化・発展を遂げた
穏やかで繊細な味わいのウイスキー

    ジャパニ−ズウイスキーの特徴としては、スコッチウイスキーに多くみられるピート臭は抑えられ、軽やかでマイルドな口当たりを持っています。またウイスキーを貯蔵させるのに使用される樽の素材には「ミズナラ」が多く使われ、これもジャパニ−ズウイスキーの大きな特徴の一つ。他にはホワイトオークなどがよく使用されています。
    もう一つジャパニ−ズウイスキーの大きな特徴として挙げられるのが、一つの蒸留所がピートの効いたスモーキーなウイスキーから、爽やかで軽やかなウイスキーまで手掛けるということ。日本人ならではの真面目で勤勉な気質が生んだとも言えるそうした多様性が評価され、ジャパニ−ズウイスキーは現在の確固たる地位を確立するに至りました。
    近年では毎年のように数社がウイスキーの製造免許を取得し、小規模ながらも絶大な人気を誇る製造会社が多くあります。世界に誇るジャパニ−ズウイスキーをお楽しみください。

READ MORE (もっと見る)