えぞ乃熊のくま(高砂酒造)北海道


高砂酒造の酒蔵

明治32年福島県会津より移り住んだ小檜山鉄三郎が、小檜山酒造として創業。
当時の旭川は「北海道の灘」と称されるほど醸造が盛んでした。
高砂酒造の歩みは、どこよりも厳しい自然の中で、酒を醸す“開拓”とも言える
前人未到の取組の連続でありましたが、
その一方で数々の受賞を賜る等輝かしい日々の積み重ねでありました。
昭和50年には、辛口清酒「国土無双」が誕生。
その名は一躍全国に広がりました。
高砂酒造は旭川の大自然の恩恵を活かせる酒蔵として「ここでしか造れない」旨し酒をかもしつづけてまいります。

ここにしかないモノを造り続ける

    ここでしか造れない地酒を醸すこと。
    人の手で良質な酒を造り誠実に商うこと。
    それが高砂酒造の基本姿勢。
    明治32年から今日まで守り育み続けてきた誇りとこだわりは、
    これからも決して変わることはありません。
    水と、米と、人の手と、知恵そして歴史。
    高砂酒造の酒には、ストーリーが詰まっています。

高砂酒造の酒蔵

READ MORE (もっと見る)