季節の酒・ひやおろし一覧


だんだんと陽が落ちるのも早まり、ゆっくりと自分の時間を楽しむ、秋の夜長―。
旨みの乗った美味しい様々な食材が揃う食欲の秋―。
それぞれのシーンのお供に是非、『季節の酒・ひやおろし』

そもそも、ひやおろしって…?

季節の酒・ひやおろし

江戸時代のころ、しぼりたての新酒を劣化しないように一度『火入れ』したのち大桶に貯蔵、暑い夏を越して外気と貯蔵庫の中の温度が同じぐらいになったころ、つまり日本酒の温度で常温の意味をさす【冷や】になる頃、貯蔵されていた大桶から棚に【卸して】出荷されていたことから【冷卸(ひやおろし)】と呼ばれるようになりました。

    ■ひやおろしの味わい
    冬のフレッシュな『しぼりたて』に対して、火入れ後熟成重ねた『ひやおろし』は重ねた月と共にまろやかと旨みを増し、次々に登場する豊穣な秋冬の味覚と引き立て合う魅力的な味わいなのです。また、ひやおろしは一般的に9月から11月頃の間に出荷されますが、その間の『3ヶ月間』でも味わいに変化が見られるので月ごとに変わゆく【ひやおろし】を味わって見ても面白いですよ。

    ■夏越し酒(なごしざけ)
    まだ、汗ばむ9月初旬からに出回るひやおろしは、夏越し酒(なごしざけ)と呼ばれています。粗さがとれ、苦味や渋味がやわらいでおり、濃醇ながらも軽快さとまろやかさをあわせもった味わいです。
    〜おすすめの味わい方〜
    みぞれ酒、冷や、もしくは常温、みぞれ酒。出始めの秋の食材とあわせてもよいですね。

    なごしさけ


    ■秋出し一番酒(あきだしいちばんざけ)
    秋も深みを増して来た10月頃、味がノってきて。香りとのバランスもますます整ってきます。まさに「調熟」
    〜おすすめの味わい方〜
    どの温度帯でも楽しめることから、その時の気分や採れたての旬の食材に合わせていただきましょう。

    あきだしいちばんざけ


    ■晩秋旨酒(ばんしゅううまざけ)
    11月頃に出回る頃にはすっかり晩秋を迎え肌寒い日があることでしょう。まろやかさと旨みがさらに増した酒は、熟れきった豊醇さが身体中に染み渡ります。
    〜おすすめの味わい方〜
    お燗にしても美味しく、程よくぬる燗でも◎しっかりとした味わいのお料理がピッタリです。

    ばんしゅううまざけ

【もっと詳しく】