鍵やTOP > ワインTOP > その他イタリアワイン > クロアット メルロー・オベリスコ / 生産者:クロアット

クロアット メルロー・オベリスコ 2010

クロアット メルロー・オベリスコ

コッリ・オリエンターリ・デル・フリウリ D.O.C.
(Friuli Venezia Giulia)    色:赤
ミアーニのエンツォ・ポントーニが手がけるもう一つのワイン、クロアット。 彼がフリウリのグラン・クリュ「ブットリオ」のテロワールに惚れ込み、2001年自らブドウの植樹からスタート。 ブットリオの丘の頂上に位置する20%の最上の区画Obelisco(オベリスコ)。通常、オベリスコのメルロはクラにブレンドされていますが、2010年は難しい年で特に厳しい選果が必要になり、高いクオリティを保つために、最高の区画、オベリスコだけを瓶詰め。

在庫:

品番:71009

配送:クール便推奨

価格:3,200円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

深みのあるルージュ。

Service:

18℃前後

Nez:

ブラックベリー、ダークチェリー、赤い花、コヒー、カカオ等。

Garde:

5〜10年。

Palais:

熟した果実の味わいに、フローラルな華やかさとフレッシュな酸と豊富なミネラル分が調和。

Cepage:

100%:メルロー

生産者の紹介

クロアット クロアット [Croatto] (Friuli Venezia Giulia)

オーナー:Piero & Maria Croatto
醸造責任者:エンツォ・ポントーニ (Enzo Pontoni)
所有畑面積:3.8ha
平均収量:26hl/ha
植樹密度:6500本/ha
栽培方法:ブドウ栽培には有機農法を採用。平均収量は15hl/haとごく低い。植樹は2001年。接ぎ木なし。
醸造方法:収穫は手作業で行う。ソーヴィニョン・ブランは、初ヴィンテージでは、樽で発酵させていたが、現在はステンレスタンクにて温度管理の下、発酵を行っている。マロラクティック発酵はなし、軽くろ過して瓶詰する。メルローは伝統的な方法でワイン造りを行っており、熟成はバリックにて行うが、新樽は一切用いない。通常15-18ヶ月熟成させ、ろ過せずに瓶詰する。

【ドメーヌ概要】
enzo-pontoni
クロアットは、イタリア最強のカルトワインとして名高いミアーニの当主エンツォ・ポントーニが植樹、栽培、醸造すべてを自らの手で行なう新プロジェクトである。
その全プロセスにおいて、考え方や方向性は全く変わらず、ミアーニに対してと同様の深い愛情と情熱が注がれる。
『グランクリュ』ともいえるフリウリ最良の産地、ブットリオにある僅か3.8haの畑ソット・ダ・モンを所有するのがクロアット家であり、そのままワイナリー名となっている。誰よりも長い時間を畑で過ごすことで有名なポントーニが、長年の研究結果からその畑の類まれなるポテンシャルに確信を持ったことで、このプロジェクトは生まれた。

ここがポイント!●ボルドーに似た砂利を多く含む粘土・石灰の混合土壌
●接ぎ木なしのブドウ栽培

2001年にポントーニにより、斜面上部にソーヴィニョン、下部にメルロの植樹が行なわれた。ラベルに記された『Clas(=石)』の文字が示す通り、表面は小石に覆われた砂利質で、地中30cmは粘土質、より深い場所は小石、粘土、石灰の混合土壌となっており、マール土壌であるミアーニ本人の畑との相違点がここにある。ミアーニのワインは濃厚なパワフルさが魅力であるのに対し、クロアットのワインは自根で育つ低収量のブドウが生む並外れた凝縮感を備えつつも、酸とミネラルが美しく、複雑さとエレガントを併せ持った味わいとなっている。

醸造、熟成、出荷まですべてミアーニと同じ施設で行なわれ、その生産量はわずか4000本程。イタリア国内でさえも、まして日本で出逢えることは奇跡といえる数量である。その為、今後ミアーニを越える入手困難となることが予想されるが、今後のイタリアワインを語る上で、なんとしても手に入れて飲まねばならない1本である。

関連情報

トップへ戻る