鍵やTOP > ワインTOP > その他フランスワイン > リースリング アンドロー / 生産者:ギイ・ヴァック

リースリング アンドロー 2012

リースリング アンドロー / 生産者:ギイ・ヴァック

AOC:アルザス   色:白
ベタンヌ&ドゥソーヴでは「テロワールの特徴を強く表したワイン」と3ツ星評価!ヴィーベルスベルクの真下にある砂岩質の南斜面の区画のブドウを使用。良く熟したオレンジ色の柑橘類の香り。果実の熟度と酸のバランスが良く、涼しい気候と痩せた土地で育つリースリングの凛とした美しさがよく表現されている。独創的なラベルは画家でもあるギイ自らデザインしている。

在庫:

品番:70868

配送:クール便推奨

価格:2,386円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

綺麗な黄金色。

Service:

7℃

Nez:

良く熟したオレンジ色の柑橘類の香り。リースリング特有のぺトロール香。

Garde:

3〜7年

Palais:

よく熟した果実の甘味と、すっきりとした酸のバランスが良い。ふくよかな味わい。

Cepage:

100%:リースリング

生産者の紹介

生産者:ギイ・ヴァック ギイ・バック(ドメーヌ デ・マロニエ)
[Guy Wach(Domaine des Marronniers)](Andlau / Alsace)

オーナー:ギイ・バック(Guy Wach)
醸造責任者:ギイ・バック(Guy Wach)
所有畑面積:17ha 
3グラン・クリュ:RIESLING KASTELBERG、WIEBELSBERG、RIESLING MOENCHBERG

【ドメーヌ概要】
1748年にブドウ栽培を、1888年より元詰めを開始した歴史ある生産者で、古樹を非常に大事にしている。約8haの所有畑の内、樹齢50年以上の区画が75%を占め、最も古いカステルベルクの樹齢85年のブドウはアルザスにおいて非常に貴重である。地中深くまで根を伸ばしたブドウの樹はしっかりとミネラルを吸い上げ、ギイ曰く「まっすぐでクリスタルのような」この地のリースリングのキャラクターに深みと複雑味が与えられる。 ブドウ栽培は環境に配慮し、徐々にビオロジックに移行しており、ブドウの生育期には畑は様々な草花に覆われる。生理学的に成熟するまで待つのはもちろん、糖度と酸度のバランスも計って収穫されたブドウは自然酵母でゆっくりと発酵した後、伝統的なフードルで熟成される。
品種とテロワールの正当な組み合わせを知る最上の造り手の一人であり、ベタンヌ&ドゥソーヴでは「テロワールの特徴を強く表したワイン」と3ツ星評価を受けている。

*テロワール(Terroire)*

アルザスで最も古い畑のひとつ、カステルベルクは、この地方よりも冷涼なドイツやオーストリアから持ち込まれた品種であるリースリングの美しさが最も引き立つグランクリュだ。アルザス北部、近隣のミッテルベルクハイムやバールよりも奥まったところにあるアンドローの村に面し、ヴォージュの山肌の急斜面に広がっている。すぐそばに高い山が迫る谷の入口に位置しているため、北部アルザスの中でもより涼しい気候もさることながら、この畑を最も特徴付けるのは、アルザスのグランクリュ唯一のシスト土壌である。ドイツの銘醸地モーゼルと同じく、ミネラルに富む粘土由来の痩せた土壌では、重厚感と伸びやかさを兼ね備えた味わいとなり、中部アルザスにありがちな暑い気候と粘土石灰系土壌で育つ酸が固く重苦しいリースリングとは一線を画す。
もうひとつのグランクリュ、ヴィーベルスベルクも忘れてはならない。砂岩土壌ならではの抜けがよくふくよかな果実味と、しなやかな酸と、軽やかな広がりと、さりげない芯の強さは、アルザスのリースリングの基本形のひとつといえる。

関連情報

Pays : France

Region : Alsace

Appellation : Alsace

トップへ戻る